森永マミーはまずい?効果は?

【マミー】乳酸菌入りミルク飲料!カルシウムも配合!子供向けでまずい?効果はあるの?

マミーはまずい?効果は?

マミーってパッケージが子供向けですよね。

 

 

大人の自分が飲んでみたところ
「味がぼやけていて、どちらかというとまずいかも」
と思いましたけど、まぁそれはちょっといきすぎかと。

 

うまくいえませんけど
「そんなにおいしくないのに、スーパーでよく見かけるのがわからない」
ぐらいの感じかなぁ。

 

【マミー公式サイトはこちら】
マミーページ

 

スパイラルグレープは
「まずい!」
と文句なしだったので、普通に消えましたからね。

 

 

スパイラルグレープと比べれば、マミーは妥協できるレベルですし。
長いこと販売され続けているのも、なんとなくわかる製品な気がします。

 

 

そんなに飲みたいとは思いませんけど。
結構安売りされていますし、乳酸菌とカルシウム配合で体に優しいイメージがあります。

 

なので、悪くない飲み物だと思っています。
まぁ1L100円ぐらいで安売りしていても、買わないことが多いですけど。

 

 

おそらく、牛乳が癖があって飲めない、でもジュースは健康に悪そうなので飲ませたくない。
そんな小さな子供に飲ませるのならマミーなんだと思います。

 

 

マミーは牛乳とジュースの中間的な飲み物というかな。
どちらかというと、牛乳よりはジュースよりな飲み物だと思いますけどね。

 

 

生きている乳酸菌を配合しているのは、どちらかというと子供より大人が嬉しいと思います。
子供は腸内にたくさんのビフィズス菌がいますから、善玉菌がたくさんいるので、そこまで乳酸菌って必要ではないんですよ。

 

【公式ページの情報】
生きてる乳酸菌入り

 

まぁ殺菌された死菌となってしまった乳酸菌よりは。
生きた乳酸菌を配合したもののほうがうれしいのは確かですけど。

 

実際生きた乳酸菌が最近は注目されていますけど。
乳酸菌は一般人の目には見えませんし、自分の腸も見えませんからね。
自分の腸で善玉菌や悪玉菌がどうなっているのかも、わからないですから。

 

言ったもの勝ちな気がします。
実際マミーも商売で販売しているわけですから。
売れるためには、良いイメージを抱かれるようなことを言いますよね。

 

 

でもマミーにはカルシウムが配合しています。
カルシウムは定番なので多くの人が知っていると思います。

 

カルシウムは骨を強くしますし。
骨が成長することで、子供は体が大きくなります。

 

牛乳を嫌う子供にとっては、カルシウム摂取の方法が悩むところです。
そういうところで、マミーのようなカルシウム配合飲料はうれしいですよね。

 

 

 

 

 

ヨーグルトとの差

まぁカルシウムを取るのなら飲むヨーグルトでもよさそうな気がしますけど。

 

 

…まぁ、なんだ。
飲むヨーグルトはさらっとしていなくて、とろみがありますから。
さらっとした飲料を飲みたいのならマミーは悪くないと思います。

 

そしてヨーグルトドリンクは値段が高いですけど。
マミーは結構安く販売しているので。
出費的な意味でも助かります。

 

 

マミーにはビタミンDも配合されているので
【カルシウム+ビタミンD】
って骨を強くする相性が良いんですよね。

 

 

 

 

ジョアもカルシウム+ビタミンD

たしかヤクルト社が販売しているジョアも。
カルシウム+ビタミンD。
この組み合わせだったはず。

 

もちろん乳酸菌も配合されています。

 

 

【ジョアの公式ページはこちら】
ヤクルト ジョア

 

今後は飲むヨーグルトなどの乳飲料はカルシウム+ビタミンDの組み合わせが定番になるかもしれません。

 

 

いやこれも、メーカーはボランティアで製品を売っているわけではないので。
カルシウムとビタミンDの相性が良いっていうのが有名になると。
メーカーも製品を売るために、ビタミンDを入れて手に取ってもらえるようにするところは増える気がします。

 

 

 

 

 

マミーは甘すぎないのが特徴

乳酸菌飲料って甘すぎるものが多いですよね。
なので、自分は毎日ヨーグルトを食べていますけど、基本無糖タイプのヨーグルトを選んでいます。

 

もし飲み物で毎日乳酸菌を摂取するとなると、マミーが候補に入ってくるかもしれません。
そのぐらい、乳酸菌配合飲料って甘いものが多すぎるんですよ。

 

 

マミーはまずいって言われていますけど。
それは甘すぎないようにしているだけな気がします。
いや、それなりに砂糖も使っていると思うんですけどね。

 

でもそこまで甘みがきついわけでもないような。
ヤクルトやヨーグルトドリンクと比べると、マミーの甘みはそこまできつくない気がします。

 

 

でもわかると思いますけど、水にちょっとぐらい砂糖を入れてもぜんぜん甘くなりません。
ジュースなんかは、そうとうの砂糖や甘味料を入れているから、あのぐらい甘くなっているわけですね。

 

マミーは人工甘味料を使っていないということで、甘みを出すためには砂糖を使っているのかな?
そういう点でも、甘すぎると子供に飲ませるのもどうかと思うので…。
健康への意識が高い飲み物だと思いますね。

 

 

だって、味メインにしたら
「もっと健康に良い飲み物にしろ!」
という人がいそうですし。

 

今現在の味だと
「まずい!こんなもの飲めない」
って人がいるわけで。

 

マミーの現状は間違っていないと思います。
おいしい飲み物ならたくさんありますけど、子供の健康のことを考えた飲み物はそんなに多くないと思います。

 

まぁ健康にいい効果を期待するより、体に優しい飲み物ぐらいの気持ちで飲むべきだと思いますけどね。

 

 

 

 

 

マミーは無理に飲ませる必要はない!ジュース変わり

子供に無理にマミーを飲ませる必要はないと思います。
マミーを飲ませることで、健康に良い効果が高いというのは、ちょっと期待しすぎだと思いますね。

 

 

「ジュース変わりにマミー」
ぐらいの感じでマミーを飲ませてあげると、すごく良い感じだと自分は思います。

 

 

 

子供にとってはジュースの健康の悪さぐらい、屁でもないと思いますが。
やっぱりジュースって健康に悪い飲み物だと思うので、それならマミーを飲ませたほうが100倍健康の点ではいいと思います。

 

子供はジュースのほうがおいしいので、味の点ではマミーではいまいち喜ばないかもしれませんけどね。

 

 

マミーを飲ませるのなら2歳以上になったあたりだとされています。
まぁ森永もマミーってそんなにプッシュしていないような…。

 

森永のマミーのサイトのQ&Aをみたら、まったくマミーをおすすめしていなくてびびりました。

 

【マミーQ&Aページ】
マミーQ&A

 

サイトのほうを見たら

Q.牛乳の変わりになりますか?
A.牛乳と栄養価が異なるため、代わりにはなりません。

こんなことが書いていてびびりました。

 

 

そりゃ牛乳とまったく同じ栄養価ではないですけど。
マミーって牛乳と似せたような飲み物なのでは?

 

まぁたしかに牛乳変わりにマミーでは、やっぱり牛乳のほうが健康的なイメージがありますよね。
マミーは牛乳よりもジュースに近い飲み物ですから。

 

【マミー製品一覧はこちら】
マミー

 

 

よくわからないのは、紙パックタイプは常温保存可能。
でも900Lタイプのマミーは冷蔵保存タイプなのかな?

 

となると、紙パックタイプは生きた乳酸菌を配合しているのではなく、殺菌された乳酸菌なのでは?
生きた乳酸菌を配合しているのは、冷蔵タイプの900mlのマミーなのかな?

 

まぁそこらへんは詳しいことはわかりませんけど。
なぜか200mlタイプのマミーは常温保存可能なようですね。
でもスーパーに行ったら、200mlタイプのマミーも冷蔵品のところに置いてあったような…。

 

 

いろいろ謎が残るマミー。

 

自分的結論を語ると…。
子供にジュースを飲ませるよりは、マミーのほうがよさそうです。

 

いや、子供は普通にジュースのほうがおいしくて喜ぶと思いますけど。
マミーもそこまでまずいってわけではないですからね。

 

マミーはスーパーで900Lが100円ぐらいで売っていることもあるので。
牛乳嫌いでまったく飲まない子供に対しては、悪くない製品だと思いますねぇ。

 

 

 

 

 

ヤフー知恵袋でもいまいちな評判

ヤフー知恵袋を見ても、マミーを子供に飲ませてもいいのか?
そんなことを質問している人がいました。

 

 

回答を見ると、やっぱり
【18か月未満なら飲ませないべき】
な感じだと答えていますね。

 

 

まぁそういうこと以前に
「甘すぎるから飲ませたくない。私は飲ませない」
な感じの人がいます。
あまりマミーってイメージもよくないのかも?

 

 

思うんですけど。
子供の食べるものって親にかかってくると思うんです。

 

自分も子供のころは、親が
「ケンタッキーは油っぽくて嫌い」
って感じなので、まったくケンタッキーを食べないで育ちました。

 

 

今ではなぜか親がケンタッキーが大好きで。
親が1人でケンタッキーをむさぼっていますけど。

 

 

親があまりジュースを飲まないのなら、子供にもジュースというか甘い飲み物は飲ませないものなんだと思います。

 

 

よく
「赤ちゃんにヤクルトを飲ませてもいいのか?」
なんてことを言っている人がいますけど。

 

それはおそらく親(自分)が飲んでいるから、赤ちゃんにも飲ませていいのか気になっているのでは…。

 

 

赤ちゃんにヤクルトを飲ませるメリットがそんなにないと思うので。
赤ちゃんだからヤクルトを飲ませたいとかではないと思うんです。

 

マミーは大人はそんなに飲まないと思うので。
そういう点では、赤ちゃん向けなイメージな飲み物ですけど。
そんなに赤ちゃんは飲んだりしないのかもしれません。

 

 

子供もぶっちゃけマミーってそこまでおいしく感じる飲み物でもないと思うので。
それほど需要がない気がします。

 

「マミーって子供に良い飲み物なのでは?」
なんてことを思った親が買ったりするのかな。

 

たしかにまんまジュースな感じの飲み物よりは、マミーのほうが健康的だと思いますが。
マミーもなんだかんだでジュースな感じなので、マミーを飲ませて健康になるっていうのは可能性的には低そうです。

 

 

ただそう思うと、やっぱり甘いヨーグルトや飲むヨーグルトっていまいちなんでしょうね。
乳酸菌接種のためにヨーグルトを食べるのなら、無糖タイプを選ぶのが正しいことだと思います。

 

たしかに甘いヨーグルトでも乳酸菌を摂取できるので、健康効果があるとされていますけど。
そこらへんがなんか曖昧な気がします。

 

 

最近は乳酸菌を配合したお菓子もいろいろありますけど。

 

 

乳酸菌ポリンキーとかあって買いましたけど。
健康にいいのか悪いのかかなり謎ですよね。
たぶん健康に悪いって感じだと思うんです。

 

少なくとも自分はこのポリンキーを食べて、おなかの調子がよくなったというより。
お菓子を食べて、胃がむかむかしましたから。

 

 

でももしこういうお菓子で
「お腹の調子がよくなりました!」
みたいな人がたくさんでてきたのなら、イメージって覆りますよねぇ。

 

最近は乳酸菌入りのチョコレートが結構ありますけど。
乳酸菌ショコラですね。

 

あれもぶっちゃけ、無理があると思うんですけど。
結構評判がいいんだよなぁ。

 

 

 

 

 

マミーはおいしそうにみえない

マミーを飲んで、それほどおいしいと思えなかったんですが。
でもそれはマミーのイメージによるところが強いのかもしれません。

 

 

マミーは

  • 値段が安い
  • 子供向けなパッケージ

これらの点から、いまいちなイメージがあります。

 

赤ちゃんがよく飲む粉ミルクとか、大人は飲まないですし。
飲んで
「おいしい」
なんていう人はほとんどいないでしょ。

 

【関連サイトはこちら】
マミーが79円

 

どうしても人間、値段が高いもののほうがおいしく感じて。
値段が安いものは、いまいちに感じます。

 

 

おかしな話で、食べたことがないものでも。
値段が高いものは
「おいしそう」
と思えて。

 

値段が安いものは
「食べる価値もない」
と考えたりするものです。

 

大人になったら、駄菓子とかまったく興味をなくしますよね。

 

 

マミーも、そういう値段が安くて子供向けということで。
駄菓子みたいな、そういうイメージがもたれているのかもしれません。

 

 

もちろん、イメージが悪いと乳酸菌を配合していても。
「どうせダメでしょ」
な感じに思われてしまうので。

 

 

マミーの良さは値段の安さだと思うんですが。
逆にこれが、マミーが軽視されてしまうというかな。
興味を持たれない理由なのかもしれません。

 

 

値段が安いものって、あまり興味を持たれないんですよね。
逆に値段が高いもののほうが、多くの人は憧れたりするんですよね。

 

まぁでもマミーが値段が高かったら、だれも買わないような…。
だから、はじめのイメージって大事だと思います。

 

 

実際マミーに限らずヤクルトやヨーグルトも。
飲んですぐに効果を実感するってことはないと思うんです。

 

でも人によっては、ヤクルトやヨーグルトの効果に自信を持っている人がいる。

 

 

それは評判にひっぱられているところがあると思います。
ヤクルトやヨーグルトで
「便秘が改善した!」
とか、言っていたり。

 

ヤクルトやヨーグルトはトクホの製品もありますから。

 

 

そういったイメージが結果につながっているのかと。

 

 

一方のマミーはさっきも述べたとおり。
安いし、子供向けに見えるので
「たいしたことないでしょ」
と思われてしまうのかと。

 

パッケージもいかにも子供向けですし。
まぁそれがいいところでもあるんですけどねぇ。


ホーム RSS購読