子供に枝豆はいつから

【枝豆】子供はいつから食べることができるか

子供に枝豆

子供に枝豆はいつから食べさせることができるのか。

 

これは
【生後7〜8ヶ月の離乳食中期頃から】
大丈夫らしいです。

 

でもそんな赤ちゃんに枝豆を食べさせようとする人がいるのか?

 

 

まぁ、食べても大丈夫っていうわけであって。
赤ちゃんに枝豆を食べさせようとする人はそんなにいないと思います。

 

 

うまくいえませんけど、枝豆って豆に薄い皮とかあったりして。
すりつぶして食べさせようとしても、結構な手間なんですよ。

 

なので普通に考えたら、3歳ぐらいで自分で実を取り出して食べれるぐらいになったら食べさせればいいのでは?
無理に枝豆を食べさせる必要性がない気がします。

 

 

 

 

 

枝豆は新鮮なものがおいしい

自分の祖父母は畑をやっていて、そこでとれる枝豆はすごくおいしいかったです。

 

はっきりいって、冷凍の枝豆と比べるとまったく別の食べ物かと思うぐらい。
味の濃さが違うわけです。

 

 

やっぱり子供に枝豆を食べさせるのなら、そういう冷凍のものより。
新鮮な枝豆を食べさせたいところです。

 

そのほうが健康的ですし。
逆に冷凍の枝豆とかになると、なんか少し健康に悪いイメージがついていないか?

 

 

もし近くに枝豆を作っている農家があるのなら。
とれたてを食べさせたいところです。

 

 

時間とともに味が薄くなるんですよね。
まぁしょうがないことなんですけど。
たぶん枝豆好きな人ほど、取れたての枝豆に感動すると思います。

 

 

 

 

枝豆は野菜

枝豆は大豆になる前の豆のことなんですけど。
大豆になると豆類と分類されますが、枝豆だと野菜に分類されるんですよね。

 

 

色的に緑だからかな?

 

 

でも自分的にも大豆も健康にいいとされていますけど。
大豆に関しては豊富な栄養が健康にいいみたいな、プラスマイナス0なイメージがあります。

 

でも新鮮な枝豆に対しては、体が喜ぶというかな。
プラスなイメージがある野菜な感じに思っています。

 

 

子供って野菜嫌いな子も多いと思います。
そんな中枝豆は、子供が喜ぶ野菜としてさつまいもと二分するぐらいの人気な野菜だと思っています。
かぼちゃも人気かな…。

 

無理に子供に嫌いな野菜を食べさせるよりも。
子供が喜ぶ野菜を食べさせるのが、野菜不足を解消する近道かもしれません。

 

まぁ冷凍枝豆なら1年中食べれたりしますけど。
やっぱり理想は、夏にとれる取れたての枝豆だと思いますね。

 

そう思うと、やっぱり枝豆は食べにくいというか。
子供に無理に食べさせる必要もない食べ物のように感じますねぇ。

 

 

枝豆で気になるのは、味付けのために塩ですね。

 

やっぱり塩が振ってあるほうがおいしいです。
新鮮な枝豆なら、塩が少なめでも十分おいしいですが。
やっぱり塩なしになると、やや物足りなさを感じます。

 

なので枝豆って塩が必須なんですよ。
むしろ塩の味を楽しんで、枝豆って触感を楽しんでいるだけなのかもしれません。

 

 

なので塩分ですね。
塩分は健康に悪いものだと自分は思っているので。

 

結局枝豆っておいしい野菜なイメージがありますが。
それは単に塩のおかげであり、塩の影響によって健康に悪い食べ物に分類されるのかもしれません。

 

 

どんな食べ物でも天然なものは健康にいいものだと思うんです。
じゃがいもだって、基本は健康にいいというか、無害な気がしますよね。

 

でもポテトチップスになると、健康に悪いといわざるをえないわけで。
結局体に悪いものというのは調味料香辛料といったものであって。
枝豆も塩を使うので、そういう点では健康に悪い食べ物とも考えられてしまいます。

 

そう思うとやっぱりさつまいもが最強か。
天然の甘さがありますからね…。


ホーム RSS購読