子供にヤクルトを飲ませてインフルエンザ予防効果

【ヤクルト】子供に飲ませることでインフルエンザに効果があるか

ヤクルトを子供に飲ませるインフル対策

ヤクルトは乳酸菌シロタ株を配合していて、これが免疫力を向上させます。
NK細胞を活性化させ、ウイルス退治にも効果があるということで。
インフルエンザへの効果も期待できると思うんです。

 

 

でも自分はなんとなく思うんですけど。
これって大人への効果であって、子供への効果という点では疑問が残らないか?

 

 

ヤクルトのCMを見ていても、結構大人がヤクルトを飲んでいるイメージがあるじゃないですか。
子供がヤクルトのCMでヤクルトを飲んだりしている光景はあまりみないような…。

 

それは子供って腸内に沢山の善玉菌がいて。
大人になると、その善玉菌の量が減ってしまうわけです。

 

 

大人に対しては
「ヤクルトを飲んで乳酸菌を摂取して善玉菌を増やそう!」
ってなわけですけど。

 

子供は腸内に沢山の善玉菌がいるので、ヤクルトを飲んでどうなるかですよね。
子供って免疫力が低いというか弱いんですけど。
腸内にはたくさんの善玉菌がいるわけです。

 

だから腸が弱っているから免疫力が落ちているとかではなく。
ウイルスに対する抵抗力が弱いって感じなんです。
元からの免疫力が高くないって感じかな。

 

 

なので子供にヤクルトを飲ませて、インフルエンザ予防をするっていうのは。
そんなに効率が良いわけでもないっていうかな。

 

子供のインフルエンザ対策って、結局ウイルス侵入防止が重要になると思うので。
手洗いうがいなどが重要になるのかな。

 

 

まぁこういうのは偏見が強い人がいるので。
「ヤクルトはインフルエンザ予防になるんだ!」
と思っている人にとっては、子供にヤクルトを飲ませることで安心できると思うので。

 

親が安心するために子供にヤクルトを飲ませるというかな。
親の自己満足な感じで子供にヤクルトを飲ませるのはありだと思います。

 

 

ヤクルトが健康に悪いわけではないと思いますしねぇ。
でもヤクルトってちょっと甘いから、乳酸菌シロタ株の効果より砂糖の悪影響のほうが子供にはでやすいかもしれません。

 

大人は腸内の乳酸菌が減っているので、砂糖より乳酸菌の効果のほうが大きいと思うんです。
でも子供は腸内にたくさんの善玉菌がいるわけで、そうなると砂糖の悪影響のほうが心配になるような…。

 

 

 

 

 

インフルエンザになってしまう子はなってしまう

インフルエンザって子供がなりやすいんですよ。
それは子供って免疫力が低いというか、子供ってとにかく風邪をひきやすいんですよね。

 

自分も小学校のときは、毎日だれかかしらが風邪で休んでいた記憶があります。
自分も子供の頃は、ちょくちょく風邪を引きましたけど、大人の今はまったく風邪をひきませんね。
ほんと子供の頃より、大人になってまったく風邪をひかない今がちょっと異常な気がします。

 

 

子供って風邪をひきやすいわけで。
インフルエンザもかかりやすいです。

 

ウイルスに対する抵抗力がないわけですね。
体の慣れみたいなものなのかもしれません。

 

 

子供ってなにもないところでも走っていると転んだりします。
でも大人になると、氷でもないとなにもないところで転んだりしないでしょ。

 

そんな感じ(?)で子供ってインフルエンザにかかりやすいというか。
防ぎようがない気がします。

 

子供にいくら
「走ったら転ぶから気をつけなよ!」
と教えても、転んでしまう子はいますよね。

 

 

なので完全にインフルエンザを予防するっていうのは、インフルエンザの予防接種でも難しいと思います。
それは子供に限らず、大人でもそうですよね。

 

大人だって健康に過ごそうと努力していても、病気になってしまうわけですから。

 

 

 

 

 

子供にヤクルトは無意味か?

子供にヤクルトは無意味なのか?

 

たしかに子供の頃は、腸内に善玉菌がいるのでヤクルトの乳酸菌シロタ株がそこまで効果を発揮したりすることもない気がします。
ピカピカのガラスを磨いても、そんなに綺麗になったとは思わないと思います。
買ったばかりの車をすぐに洗車をしても、そんなに変わらないと思います。

 

 

ただ子供もいつかは大人になりますから。
子供のうちからヤクルトを飲んで乳酸菌を摂取していれば、大人になってもその習慣がついているかもしれません。

 

 

ただ子供がそんな小さいうちから、健康意識が高かったらちょっと怖いな。
子供なんて、味目当てで、食べ物の健康効果なんて意識していないでしょ。

 

 

むしろ子供への精神的効果というかな。
子供って思い込みが激しいので
「ヤクルトを飲むとインフルエンザにかかりにくくなるんだよ」
と教えてあげると、子供もヤクルトを飲むことで
「きんにく、もりもりー」
な感じになるかもしれません。
あ、自分の甥っ子とかそんな感じで調子がよかったので。

 

 

子供って不安を感じると、体調も崩しやすいので。
ヤクルトを飲むことで健康になると親が教えてあげることで、子供も健康になるかもしれません。

 

 

ほんと自分も子供の頃、親に
「ピーナッツを喉につまらせると、喉を切ってピーナッツを出さないといけないんだよ」
と不安にさせるようなことを言われたから、ピーナッツを食べた後に熱を出したことがありました。

 

ほんと節分で豆を食べていると
「喉につまったら、喉を切らないといけないよ!」
と脅してくるから、ピーナッツとか不安になりながら食べていたわ…。

 

 

そんな感じで、親世代はヤクルトを飲む価値ってあると思うんです。
腸内環境をよくするために乳酸菌シロタ株の効果に期待するわけです。

 

でも子供は手洗いうがいなどをしっかりさせて、インフルエンザウイルスに感染しないようにしたほうが効果的かと思います。
ヤクルトを飲むことが無駄とは思いませんけど。
子供に対してはインフルエンザ予防効果は、それほど大きくないと自分は思っています。

 

 

あくまでも自分がそう思っているだけで。
結構ネットでは
「ヤクルトを飲んだことで、インフルエンザにかかりませんでした」
「予防接種より効果ありました」
なんて人もいるわけなので、まぁやらないよりはやったほうがいいのかもしれませんねぇ。

 

子供もヤクルトは甘いのでうれしいと思いますし。


ホーム RSS購読