子供にミルミル 便秘と下痢

【ミルミル】子供向けの乳酸菌飲料?便秘と下痢に期待

ミルミルは子供向け?

ヤクルト社から販売されているミルミル。
これって前は子供向けなイメージが強かったです。

 

 

でもこの子供向けなイメージがヤクルト社的にはいやだったのか。
大人にも買ってもらいたかったのか知りませんけど。

 

一時期製造中止になって、リニューアル製品がでたんですよ。

 

 

でも結局そのリニューアル製品がイマイチだったのか知りませんが。
ミルミルが再発売されて、現在にいたっています。

 

 

ぶっちゃけ子供って腸内環境がいいんですよ。
当然ですよね。

 

人間の腸内って、子供の頃は善玉菌がいっぱいで、悪玉菌が少ない状態です。

 

 

子供向けに乳酸菌飲料なんて、あまり売れなくてもしょうがないんです。

 

ヤクルト社的には
「ミルミルをもっと売りたい!」
と思って、子供向けイメージを払拭して大人にも購入されたかったのだと思いますけど。

 

なんかミルミルって今では、存在感の薄い飲み物になってしまった気がします。

 

 

 

 

 

ミルミルは便秘改善効果が高い

ミルミルは今では便秘改善効果が高いイメージの飲み物となっています。

 

 

でもわかると思いますけど、子供ってお腹の調子が悪くなることがあっても、便秘になったりすることは少ないんですよ。

 

 

子供って便秘よりも、下痢のほうでは?
たしかにミルミルって下痢にも効果があると思います。

 

でもどちらかというと便秘に期待できる飲み物のイメージが強いです。
まぁおなかにやさしい飲料なイメージも強いので。
刺激的な飲み物を飲ますぐらいなら、ミルミルのほうがおなかに優しく下痢がおさかもしれません。

 

 

便秘で悩むのは、結局大人であって。
でも大人になると、ミルミルを飲むよりヤクルトのほうを選ぶと思います。

 

 

その点もあって、今ではミルミルってどの層を狙っているのかよくわからない飲み物になった気がします。
自分の中ではやっぱり子供向けっていうイメージがありますけどねぇ。

 

 

昔のミルミルは
「お腹に優しい乳酸菌飲料」
なイメージがありました。

 

「牛乳でお腹を壊してしまう子供に、ミルミルがおすすめ」
なんてことを勝手に思っていました。

 

森永のマミーみたいな位置かな。

 

 

ヤクルト社としては、やっぱりそういう位置にミルミルを置いておくのはもったいないと思ったのかな。
でも、昔はテレビCMなどで、ミルミルの知名度が結構あったのに。
今ではミルミルって忘れられつつあるように感じますね。

 

 

 

 

 

子供にはミルミルよりジョアか?

子供にミルミルは悪くないんですけど。

 

子供にとってはミルミルより、同じヤクルト社から販売されているジョアのほうが喜ぶように思います。

 

 

甘くておいしいですからね。
子供にとっては、健康がどうとかよりも、おいしさ重視です。

 

 

そしてジョアって、おいしいだけではなく、カルシウムやらビタミンDやら乳酸菌シロタ株も配合しているので。
ぶっちゃけジョアのほうがすべての点において、ミルミルを上回っている気がします。

 

いや味は好みになりますけど。
たぶん7割以上の子供がミルミルよりジョアのほうを好みそうですけど。
自分のイメージでは。

 

 

ミルミルも乳酸菌配合飲料なので、健康によさそうな効果がありますけど。
まぁヤクルトもジョアも乳酸菌配合飲料ですから。

 

それらがあるのなら、ミルミルよりそっちのほうを買う人が多い気がします。
ミルミルを買う人は、便秘に困っている大人かなぁ。

 

ほどよい甘さなので
「ヤクルトやジョアは甘すぎる」
という人にとっては、ミルミルぐらいの甘さを好む人もいるかもしれませんねぇ。

 

 

子供に乳酸菌って悪くないですけど。
子供の腸内環境が乱れているのは、普段の食生活が悪いと思います。

 

普通に生活していれば、子供の腸内環境が乱れることなんて、そうそうない気がします。

 

 

ただ今の日本って、欧米化の食べ物になっていますよね

  • ハンバーガー
  • チキン

こんな食べ物が多くなっていますから。
子供でも腸内環境が悪化している子は多いように思います。

 

だから乳酸菌が良いと理屈的にはいえるのかもしれませんけど。
いくら乳酸菌を摂取しても、こういう腸内環境を悪化する食べ物を毎日のように食べていれば、改善不可能に感じます。

 

腸内環境に良いものを食すより、腸内環境に悪いものをやめたほうが何倍も効果が高いと自分は思っています。


ホーム RSS購読